Pairsで、マッチングを取り消したいと思った経験はありませんか?

 

  • 間違って右スワイプしちゃった……。
  • 最初にきたメッセージが気持ち悪い……。
  • マッチング無かったことにできないかな?

 

このように思う人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、「マッチングは取り消しできるのか?」や「間違ってマッチングさせた時の対処法」について解説していきます。

 

その後、起こりやすいトラブルについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

 

Pairsでマッチングの取り消し(解除)はできる?

 

結論から言うと、マッチングの取り消しはできません。

 

マッチングした時点で相手に通知が届いてしまいますし、そもそもアプリに取り消し機能が実装されていません。

 

もし実装されるとしても、「マッチング時の通知」がある限り、結局相手にマッチングしたことはバレてしまいます。

 

そのため、「その後にどのような対策をするべきなのか?」という部分が大切です。

 

次項でその対処法について解説していきますね!

 

Pairsで間違えてマッチングさせた時の対処法

 

間違えてマッチングさせた時の対処法は、全部で3つあります。

 

1つ目は、「丁寧に事情を話す」です。

 

要するに、相手に素直に間違えたことを伝えてしまうということですね。

 

こちらとしては、相手に最低限の誠意をみせることで、申し訳ないという不快感を多少拭えます。

 

ですが、相手としては、「せっかくマッチングしたのにただの間違いか…」という負の感情がわいてしまうことは避けられません。

 

その感情から、嫌がらせのメッセージがくる場合もあります。

 

2つ目は、「ブロックする」です。

 

相手には何もメッセージを送らず、ブロックしてしまうということです。

 

こちらとしては、数タップで終わる作業のため、とても簡単ですよね。

 

相手としては、「せっかくマッチングしたのにいきなりブロックされた…」と落胆してしまうかもしれません。

 

ですが、相手には「退会済み」と表示され、その相手ともう関わることがないので、特に気にする必要もないところがメリットと言えます。

 

3つ目は、「非表示にする」です。

 

非表示にすることで、バレずにこちら側から相手が見えなくなります。

 

相手としては、非表示にされているとわからない状態なので、追いメッセージしても、ブロックもされず一向に返事もこない状態になります。

 

ですが、追いメッセージも結局こちらには見えないため、その点は気にする必要はありません。

 

一方で、相手からプロフィールは問題なく見られる状態のため、返事がこない腹いせに何か嫌がらせされる可能性も否めません。

 

みんなは間違えてマッチングさせた時どうしているのか?

 

実際に間違えて右スワイプしてしまった人達はどう対処したのか気になりますよね。

 

ここでは、複数の意見を男女に分けてまとめてみました。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

 

男性側の意見

 

  • 無視で良いですよ
  • 相手から一言もなくてブロックされるのは不愉快でした
  • メッセージ無視で良いですよ!間違えたのだとこちらも分かります
  • ブロックが一番適切な対処法だと思います。一言入れても相手は気持ちいいメッセージではないですからね
  • ブロックが一番トラブルもないと思いますよ

 

男性の全体的な意見として、「無視する」か、「ブロックする」が多い印象です。

     

    一方で、何も言われずにブロックされると不愉快な方もいるみたいですね。

     

    たしかに、ブロックされて良い気持ちになる人はいませんよね。

     

    女性側の意見

     

    • 間違えてブロックしてしまいました」の一言は余計だと思いますよ
    • ブロックで良い
    • メッセージで一言お詫びを入れてからブロックする
    • 相手に悪いと思いやり取りし、返信が来なくなってから非表示にする
    • 気を持たせるのが申し訳ないのですぐにブロックする
    • たまに一言入れてましたが、今はブロックしてます。相手もそうしてる方が多いので…
    • 「間違えました」の一言は相手を余計に傷つけると思います

     

    女性の全体的な意見として、「ブロックする」が圧倒的に多い印象です。

     

    女性は男性よりマッチング率が圧倒的に高いため、ブロックせずにいると追いメッセージをされる場合が多いです。

     

    その経験から、ブロックするのが一番楽であるという結論に行き着いたのでしょうね。

     

    一方で、「ブロック前に一言お詫びを言う人」、「その一言は余計だと思う人」など、様々な意見もありましたが、最終的にブロックするという方向性は変わらないようです。

     

    間違えてマッチングした後に起こりやすいトラブル

     

    間違えてマッチングした後にブロックをせず放置していると、追いメッセージがくる場合があります。

     

    いろいろなパターンのメッセージがありますので、以下で3つご紹介します。

     

    それでは、さっそく見ていきましょう!

     

    嫌がらせをされる

     

     

    返信がこないまま放置され続けたことがイライラの原因となり、嫌がらせを受ける場合があります。

     

    こうなってしまっては良い方向に進まないため、ブロックして遮断するのが良いでしょう。

     

    気持ち悪いメッセージが来る

     

     

     

    間違ってマッチングした相手の歳が離れている場合、「年が離れているのに興味を持ってくれた」という感情から、余計に変な気を持たせやすいです。

     

    これは遮断しないと厄介なトラブルに巻き込まれないため、ブロックするべきでしょう。

     

    お詫びメッセージが原因で暴言を吐かれる

     

     

    このように、お詫びメッセージは人によっては余計な一言であり、イライラさせる原因です。

     

    また、Pairs上のメッセージで直接暴言を吐かれる原因にもなりやすいため、ブロックするのが無難と言えます。

     

    対処法はお詫びよりもブロックが良い

     

    結論として、Pairsはマッチング取り消しができないため、間違って右スワイプしてしまった場合はブロックするのが無難です。

     

    もちろん、様々な意見がありますが、トラブルが起こらないようにするのが一番です。

     

    お詫びメッセージに関しては、受けとる側の気持ちを考えると、気持ちが良いメッセージではなく、不快に感じる可能性もあるため、送らないのが無難です。

     

    ですが、どうしても間違いだったことを訂正しないと気が済まない方は、お詫びメッセージを送った後にブロックするといいでしょう。

     

    これであれば、自分は不快感を拭えますし、その後のトラブルも回避できます。

     

    せっかく、いい相手を見つけるために始めたPairsを、変な相手からの不快なトラブルでやめてしまっては元も子もありませんからね。

     

    自分のためにも、しっかりブロックをしてトラブルを回避しつつ、楽しく快適に理想の相手探しをしていきましょう。