Pairsを利用中に気になるのが、たびたび画面上に出る「審査中」の表示。

 

  • いつになったら消えるのかな?」
  • そもそも審査中ってなんのことだろう?
  • 否認されたけど、どうすればいいかわからない!

 

など、疑問に思うことも多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、『審査中の表示とはなにか』や『審査が終わらない原因や注意点』について解説していきます。

 

審査が否認されやすい内容についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

 

Pairsで表示される「審査中」とは?

 

「審査中」は、記載した内容をPairs運営側がチェックしている時に表示されます。

 

Pairsが様々な観点から記載内容を確認し、問題がなければ「審査中」の表示が消え、その後、記載した内容が画面上に反映されるという仕組みです。

 

ということでここからは、審査の内容や時間について詳しく解説していきます。

 

Pairsでは登録される情報を審査している

 

Pairsでは、「本人確認前の利用者も閲覧できる項目」に登録される情報は、全て掲載の前に審査が行われます。

 

審査される項目は、以下の10項目です。

 

審査対象になる項目には以下の通りです。お客様が内容を設定する機能が新たに追加された場合、この項目に含まれていなくても審査の対象となる場合がございます。

  • 自己紹介
  • わたしの大切な価値観
  • 学歴や職業の自由記入欄
  • ニックネーム
  • つぶやき
  • 1通目のメッセージ
  • コメント付きいいね!(みてね!)のコメント
  • プロフィール写真
  • コミュニティ
  • その他、各種フリーテキスト欄

引用:Pairsヘルプ>審査はいつ終わりますか?

 

審査が完了するまでには時間がかかる

 

運営側のチェックが完了するまでには時間がかかる場合があります。

 

なぜなら、審査は基本的に「目視確認」で行われているからです。

 

わざわざ、目視確認を行う理由としては、「犯罪抑止や業者対策、ユーザビリティの向上」などが挙げられますが、最も重要なのは「連絡先交換を行わせないため」でしょう。

 

審査対象になっている部分は簡単に言うと「ユーザーが無料で利用できる範囲」です。

 

要するに、無料で連絡先の交換をされると、経営が成り立たないという運営事情があるのでしょうね。

 

Pairsでの「審査中」はいつ終わる?

 

審査はサービスの混み合い状況などによってかかる時間が変動します。

 

基本的に「審査中」と表示されてから、1時間以内に終わる場合がほとんどです。

 

また、早い時では、2~3分以内で終わる場合もありますが、長い時では24時間以上かかることもあるようです。

 

ちなみに、Pairsのヘルプには以下のように記載されています。

 

審査はサービスの状況により、数分〜1時間以内に完了しますが、サービスが混み合っている場合や登録内容の判断が難しい場合には24時間以上お待たせしてしまうこともございます。

引用:Pairsヘルプ>審査はいつ終わりますか?

 

<h2>Pairsの「審査中」が長いのはなぜ?</h2>

 

Pairsの「審査中」が長い理由は主に2つあります。

 

1つ目は、「サービスが混み合っているから」です。

 

利用の多い時間帯になったり、利用者のプロフィール編集が重なったりすると、単純に審査担当の作業量が増えるため、審査の時間が長くなります。

 

2つ目は、「審査が否認される内容に触れているか判断が難しい状況であるから」です。

 

審査内容が明らかに良かったりダメだったりする場合は、判断しやすいためすぐに終わるのですが、内容が判断しにくい場合には時間を要する傾向があります。

 

審査する側も結局は人なので、一人当たりの作業量が多ければ多いほど審査完了までの時間が増えていくというわけですね。

 

Pairsで掲載が否認されやすい内容【一覧】

 

Pairsで掲載が否認されやすい内容は、主に下記の9つです。

 

  • Pairsの利用規約の禁止事項に触れている
  • Pairsのコミュニティガイドラインの禁止事項に触れている
  • プロフィールの各項目に対し無関係の内容を記入している
  • 日本語以外で記入している
  • 肖像権や著作権を侵害している
  • 過去に違反退会や強制退会されている
  • 適切な写真ではない
  • 同じ相手に同じメッセージを送る
  • 初回メッセージで連絡先を記載する

 

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

Pairsの利用規約の禁止事項に触れている

 

1つ目は、「Pairsの利用規約の禁止事項に触れている」です。

 

例えば、他の会員のプロフィール画像を勝手に使ったり、マッチングした相手の個人情報を横流ししたり、結婚しているのにPairsに登録していたりすると禁止事項に触れていると見なされます。

 

他にも、注意した方がいい項目を下記に抜粋したので、ぜひ参考にしてください。

 

1.会員のアイコン画像、サブ写真を含む、本サービス上の画像を当社の承諾なくキャプチャーその他の方法により複製、利用又は公開する行為

9.他の利用者を含む第三者の個人情報や利用者情報を第三者に開示または漏洩する行為

12.既婚者の会員登録および本サービスの利用(登録後に既婚者となった場合も含みます)

13.18歳未満(高校生を含む)の会員登録および本サービスの利用

15.性描写、残酷な表現、犯罪を誘発する表現、差別表現など、公序良俗に反する行為やコンテンツ閲覧者

25.商用目的の宣伝・広告行為(例:アダルト関連サービスへの誘導を目的として特定または不特定多数の利用者にメッセージ機能などの方法で送信したりする行為)

27.無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるもの、あるいは当社が無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるものと判断する内容を掲載する行為

引用:利用規約>第8条(禁止事項)

 

Pairsのコミュニティガイドラインの禁止事項に触れている

 

2つ目は、「Pairsのコミュニティガイドラインの禁止事項に触れている」です。

 

コミュニティガイドラインとは、Pairsを安心に利用できるように定めたルールのことです。

 

例えば、他人になりすましてアカウントを利用したり、差別的な発言をしたり、未成年者なのにPairsに登録していたりすると、禁止事項に触れていると見なされます。

 

全ての禁止事項を下記に抜粋したので、ぜひ参考にしてください。

 

性的満足を目的とした表現

嫌がらせ行為

暴力および身体に対する傷害行為

差別行為

個人的情報の掲載

外部サービスへ誘導する行為

宣伝活動や勧誘行為

売春行為

詐欺行為

なりすまし

未成年者

著作権および商標の侵害行為​

不法行為

アカウントは1人につき1アカウント

サードパーティーアプリの利用​

Pairsの運用を妨害する行為

コミュニティガイドラインより抜粋

 

プロフィールの各項目に対し無関係の内容を記入している

 

3つ目は、「プロフィールの各項目に対し無関係の内容を記入している」です。

 

例えば、趣味の項目に「タイプの女性」が記入されていたり、学校名に「職業名」が記入されていたりすると、否認されてしまいます。

 

うっかり間違えて記入してしまうこともありますよね。

 

趣味の欄には趣味を、学校名には学校名を、適切な記入を心がけるようにしましょう。

 

日本語以外で記入している

 

4つ目は、「日本語以外で記入している」です。

 

Pairsは現在、日本限定のサービスのため、日本語以外の入力の場合、否認されてしまう場合があります。

 

特に、英単語の文字列の場合は、業者だと勘違いされ審査が通らない可能性がさらに高まります。

 

ちなみに、Pairsが海外利用の制限を行った理由は、海外からの不正利用が多発していたからです。

 

以下、その全文になります。

 

Pairsでは、お客様により安心・安全にサービスをお使いいただけるよう、2021年7月8日より海外からのご利用制限を行いました。

Pairsは多くのみなさまにとって大切な恋愛のパートナーを見つけるためのサービスであり、その中には海外在住の方同士はもちろん、日本と海外という遠距離ながらもパートナーを見つける方も多くおられました。

しかしながら大変残念なことにPairsの不正利用が多発しており、また不正利用の多くが日本国外からの利用によるものであること等の状況を踏まえ、大変心苦しい決定ではありますが日本国外におけるPairsの利用を禁止とさせていただきました。

また、VPN等を用いたご利用も利用制限の対象となりますことをご了承ください。

海外からの利用制限が解除される予定期日は現在ありませんが、海外での利用解禁に向けての準備も整えてまいります。

引用:「お客様の環境ではPairsをご利用いただくことができません」と表示され、ログインできません

 

肖像権や著作権を侵害している

 

5つ目は、「肖像権や著作権を侵害している」です。

 

例えば、自分の追加した写真に他人が映っていた場合は肖像権侵害にあたりますし、他人の撮った写真を無断使用していた場合は著作権侵害にあたります。

 

何の気なしにネットで拾った画像を使用してしまう人がかなり多いため、こちらも気を付けるようにしましょう。

 

肖像権

他人から無断で写真を撮られたり、撮られた写真が無断で公表されたり利用されたりすることがないように主張できる権利です。
肖像権には、人格権の一部としての肖像権と、財産権としての肖像権があります。人格権の一部としての肖像権は、アーティストやタレントに限らず誰にでも認められる権利です。一般人の写真が無断で雑誌などに掲載された場合も、人格権侵害や名誉毀損等で訴えることもできます。
財産権としての肖像権は、有名人の肖像が商品を販売する際に顧客吸引力となることで認められた権利です。

引用:肖像権・プライバシー権

 

著作権(ちょさくけん、英語copyrightコピーライト)は、作品を創作した者が有する権利である。また、作品がどう使われるか決めることができる権利である[1]。作者の思想や感情が表現された文芸・学術・美術・音楽などを著作物といい[2]、創作した者を著作者という。知的財産権の一種。

引用:著作権(ウィキペディア)

 

過去に違反退会や強制退会されている

 

6つ目は、「過去に違反退会や強制退会されている」です。

 

過去にこれらを経験している場合、過去の情報と紐づけされると否認され、そのままアカウント停止になります。

 

基本的にはすぐに紐づけされますが、人によってはそのまま本人確認も通る場合があるようです。

 

8月末にpairsペアーズ

強制退会になったんですけど

2ヶ月くらいしてノリで再登録してみたら

普通に登録できて、尚且つ年齢確認も運転免許証の確認も通ったんですけど

これどういうことですか?

引用:Yahoo!知恵袋

 

適切な写真ではない

 

7つ目は、「適切な写真ではない」です。

 

以下の5つに当てはまっていると否認される可能性が高まります。

 

  • 個人を特定しうる情報を含むもの
  • 複数の人物が写っているもの
  • 見にくいもの
  • 権利を侵害するもの
  • 公序良俗に反するもの

 

自分の写真や食べ物の写真、趣味の写真を撮るだけでは否認されることはあまりありませんが、もし否認された場合は上記と照らし合わせてみましょう。

 

自分では気づかないだけで、写真の背景などに何か映っているかもしれませんからね。

 

また、こちらに明らかに当てはまっていないのに否認される場合もあります。

 

そんなときは、似た内容の別パターンの写真を追加することで通る可能性もありますので、複数用意しておくのも一つの手です。

 

同じ相手に同じメッセージを送る

 

8つ目は、「同じ相手に同じメッセージを送る」です。

 

様々な相手に定型文として、それぞれ同じ文章を送る分には問題ありませんが、同じ相手に送ると否認されます。

 

一般的なやりとりで、同じ文章を何度も送ることは通常ないため、この処置は当然ですよね。

 

もし送ろうとした場合は、「8003:同じメッセージを連続して投稿することはできません。」と表示されます。

 

初回メッセージで連絡先を記載する

 

9つ目は、「初回メッセージで連絡先を記載する」です。

 

初回メッセージは無料会員でも利用可能な部分のため、ラインIDなどを載せると否認されます。

 

運営としても、無料で利用されたら経営が成り立ちませんからね。

 

ちなみに、「連絡先」という文字を入れるだけでも否認されてしまうので、気を付けるようにしましょう。

 

一方で、2通目以降のメッセージは有料会員にならないとできないためか、ライン交換しても大丈夫です。

 

⇒「pairs最初のメッセージ」

 

審査が通らなかった場合の対策

 

審査が通らなかった場合、まずは「原因の特定」をしましょう。

 

否認された投稿内容は、上記、「Pairsで掲載が否認されやすい内容【一覧】」に抵触している可能性が高いです。

 

原因がわからないことには、再審査しても否認を繰り返すだけなので、まずはここで原因を突き止めることが先決でしょう。

 

自分ではルールに準じているつもりでも、Pairs側から見たときに禁止事項に抵触しているように捉えられてしまう場合もあります。

 

とはいえ、重大な問題がない限りはアカウント停止などの重い処分にはならず、再度申請することも可能なので、ご安心ください。

 

審査が通らない原因を徹底しよう

 

結論、審査が通らない場合はそれなりの原因があるはずです。

 

自分が記載した内容がPairsの禁止事項に抵触していないかしっかりと確認することで、審査に通りやすくなるでしょう。

 

また審査は、適切な記載内容であれば、ほとんどの場合すぐに終わります。

今回ご紹介した『審査が終わらない原因と注意点』をしっかり押さえ、適切な内容を記載し、正しくPairsを利用していきましょう!