Pairs(ペアーズ)でのオンライン表示を隠す方法!ログイン状況がバレると…?

 

Pairsを利用しているときに気になるのが『オンラインの表示』についてですよね。

 

  • オンライン表示は非表示にできるの?
  • 非表示にしたら何が変わるの?
  • そもそもなぜオンライン表示があるの?

 

など、Pairsのオンライン表示について知りたいことも多いはず。

 

今回は、『Pairsでオンライン表示を隠す方法』について解説していきます。

 

オンライン表示を隠す際のデメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

Pairsでのオンライン表示を隠す方法

 

Pairsでのオンライン表示は相手から見えないように隠すことが可能です。

 

オンライン表示を隠す方法は以下の3つになります。

 

  • プレミアムオプションに申し込む
  • プライベートモードに申し込む
  • メッセージのやり取りを2往復させる

 

それぞれについて、今から詳しく見ていきましょう。

 

プレミアムオプションに申し込む

 

「プレミアムオプション」に申し込むと、自分のオンライン表示を相手に隠すことが可能になっています。

 

オンライン表示を隠すこと以外にメッセージの既読の有無などの機能もつけたい方は、プレミアムオプションがおすすめです。

 

「プレミアムオプション」は男性向けの有料サービスですが、女性の方は「レディースオプション」という有料サービスがあります。

 

どちらも同じ機能となっているので、加入することでオンライン表示を相手に隠すことが可能です。

 

プライベートモードに申し込む

 

「プライベートモード」に申し込むと、自分から「いいね」を送った相手以外にはプロフィールを非表示にすることが可能になります。

 

「いいね」した相手以外にはオンライン表示がされることはありません。

 

ただ、マッチング済みの相手や自分から「いいね」を送った相手にはプロフィールが表示されます。

 

そのため、プロフィールが表示された相手にはログイン状況が表示されるようになってしまいます。

 

メッセージのやり取りを2往復させる

 

マッチングした相手とメッセージのやり取りを2往復以上させることで、自分のログイン状況が消えるようになっています。

 

オンライン表示は「マッチングしていない相手」に表示されるようになっているからです。

 

そのため、マッチング後に相手とメッセージのやり取りを行えばオンライン表示が消える設定になっています。

 

ただ、複数回やり取りをした相手でも以下の場合はログイン状況が再表示されるので注意が必要です。

 

  • 自分からしかメッセージを送っていない
  • 2週間以上メッセージのやり取りをしていない

 

このような場合はメッセージを10往復以上していてもログイン状況が相手に再表示されてしまいます。

 

そもそもPairsにはなぜオンライン表示があるのか?

 

ズバリ、オンライン表示は婚活に対してどの程度本気なのかを見極めるためにある機能です。

 

オンライン表示がないと、相手の利用頻度が分からずマッチングする確率が低くなるからです。

 

相手がPairsをどの程度利用しているのかを知ることで、アクティブなユーザーに絞って「いいね」を送ることが可能になります。

 

アクティブなユーザーに「いいね」を送ることで、相手が自分の存在に気づく確率が高くなりマッチングにも繋がりやすくなるでしょう。

 

ちなみに、Pairsには「最終ログイン」という検索項目がありログイン状況で相手の絞り込みが可能です。

 

ログイン状況を表示させた方がより多く「いいね」をもらいやすくなると言えます。

 

Pairsでのオンライン表示を隠すメリット・デメリット

 

ここからは『Pairsでのオンライン表示を隠すメリットとデメリット』について解説していきます。

 

どちらも把握しておけば、オンライン表示を上手に活用できるでしょう。

 

デメリット

 

Pairsで異性にオンライン表示を隠す主なデメリットは以下の2つです。

 

  • 本気で婚活していないと勘違いされやすい
  • マッチングしづらくなる

 

それぞれについて、以下で詳しく見ていきましょう。

 

本気で婚活していないと勘違いされやすい

 

相手にログイン状況を隠すことで、Pairsをどの程度利用しているのか分からず本気で婚活していないと思われやすくなります。

 

ログイン状況は、恋愛の真剣度を見極める判断材料の1つにっているからです。

 

マッチングしづらくなる

 

ログイン状況が分からないため相手からの「いいね」をもらいにくくなります。

 

相手からは、Pairsの利用頻度が分からないため「今は利用していないのかな?」と思われる可能性があるからです。

 

ログインをしていないから「いいね」を送ってもマッチングしずらいと思われてしまい、相手からの「いいね」がもらいにくくなります。

 

そのため、異性とのマッチングする可能性は低くなってしまうと言えるでしょう。

 

メリット

 

Pairsで異性にオンライン表示を隠す主なメリットは以下の2つです。

 

  • マッチングした相手にログイン状況がバレない
  • 気になる相手に専念できる

 

それぞれについて、以下で詳しく見ていきましょう。

 

マッチングした相手にログイン状況がバレない

 

相手にログイン状況がバレないことで、色んな人とやり取りしやすくなります。

 

他の異性を気にせず自分のペースでやり取りができるため、本気で婚活をしたい人にはおすすめです。

 

マッチングした他の相手にログイン状況がバレないことで、他の人が気にならず一人一人のやり取りに集中できます。

 

そのため、色んな人とやり取りをしていることがバレにくく何人かと実際に会ってデートしたい方にも安心です。

 

気になる相手に専念できる

 

オンライン表示を隠すことで、自分が気になるマッチングした相手とやり取りがしやすくなります。

 

相手がログイン状況が分からないため、返信をしなくても他の相手を傷つけたり不安にさせづらいと言えるからです。

 

そのため、マッチングした他の相手を気にすることなくやり取りがしやすくなります。

 

相手が他の会員の人はオンライン表示されているのに返信はくれないけど、この人は違うと感じさせやすいです。

 

ただ、相手がオンライン表示を隠せることを知っている場合は不安にさせてしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

 

ログイン状況が相手にバレると?

 

ログイン状況が相手にバレてしまうと、マッチングする確率が低くなる可能性があります。

 

それは、主に以下の4つです。

 

  • 相手を不安にさせやすい
  • 返信する気がないと見切られやすい
  • 業者と間違われやすい
  • 浮気を疑われやすい

 

今からそれぞれについて、詳しく見ていきましょう。

 

相手を不安にさせやすい

 

相手にログイン状況が表示されると不安にさせてしまう可能性があります。

 

オンライン表示なのに、返信が来ないのは他の人を優先しているのではないかなと思わせてしまうからです。

 

色んな人とやり取りをしていると返信のスピードが遅くなったり、相手によっては返信のスピードに差が出てしまったりするでしょう。

 

そうなると、相手は他の人を優先してやり取りをしているのではないかと不安に感じさせてしまうかもしれないので注意が必要です。

 

返信する気がないと見切られやすい

 

オンライン表示はされてるのに返信がこないと、マッチングした相手がやり取りを止めてしまう可能性があります。

 

返信がこないのにオンライン表示を相手が確認してしまうと「この人は返す気がないのかな」と思われてしまうからです。

 

そうすると、せっかくマッチングをした相手とのやり取りが終わってしまうので良い人と出会えるチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

なので、ログイン状況を隠した方が相手ともスムーズにやり取りができるでしょう。

 

業者と間違われやすい

 

相手が見たときに、常にオンライン表示だと「この人は業者なんじゃないかな?」と思われる可能性があります。

 

アプリの通知などが気になるかもしれませんが、頻繁にログインしていると逆効果になってしまうので気をつけましょう。

 

仕事の時間が一般と異なる時間帯の人などは、プロフィールに書いておくと怪しいと思われる可能性が低くなります。

 

浮気を疑われやすい

 

Pairsで恋人ができた場合、アプリの削除を忘れていた誤って起動してしまったりすると誤解を招く可能性があります。

 

恋人がアプリを使って確認したときに、ログイン状況がバレてしまうからです。

 

仮に、誤って起動してしまった場合でもログイン状況が確認できると怪しまれてしまいます。

 

変な誤解を生まないためにも、アプリを削除するかログイン状況を隠していた方が安心して利用できるでしょう。

 

Pairsでオンライン表示が切り替わるタイミング

 

オンラインに切り替わるタイミング

 

ログイン状況を表す表示には3種類です。

 

・緑色→オンライン(Pairsを利用してすぐの状態)

・黄色→24時間以内にPairsのログインをしていた状態

・灰色→24時間以上Pairsを利用していない状態

 

ログイン状況を隠している人は、灰色の「1週間以内」と表示されるようになっています。

 

そのため、1週間以内の相手から「いいね」や足あとがあった場合は隠している可能性もあるので通知が来た時期を確認するのも重要になってきます。

 

オンラインからオフラインに切り替わるタイミング

 

基本的に、オンライン表示はアプリを閉じて10分時間が経つと消えるようになっています。

 

ただし、使っている端末によっては異なる場合があるので注意しましょう。

 

パソコン版のPairsでは、タブを閉じて5~10分経つと黄色マークになります。

 

アプリ版のPairsでは、バックグラウンドを閉じて5~10分経つと黄色マークになります。

 

ただし、アプリ版のPairsは画面から離脱するだけではアプリを閉じたことにならず、ログインしたままの状態になっているので注意しましょう。

 

オンラインを非表示にしてPairsを楽しもう

 

今回は『Pairsでオンライン表示を隠す方法やメリット』についてご紹介しました。

 

オンライン表示を隠せば自分のペースで相手とやり取りすることができ、他の相手を気にすることなく利用できるようになります。

 

ただ、お伝えした通り『Pairsでオンライン表示を隠すデメリットや注意点』もあります。

 

相手からの「いいね」数が減ってしまったり、アクティブユーザーではないと思われたりもするので注意が必要です。

 

また、ログイン状況が表示されないことで相手を不安にさせにくくなっているので、色んな人とやり取りをしたい人にはオススメです。

 

今回ご紹介したことを参考にしながら、オンライン表示を隠して自分のペースで相手とのやり取りを楽しんで見てください。