【Pairs(ペアーズ)のFacebook連携まとめ】後から設定・解除方法などを徹底解説

 

Pairsの身バレ対策で気になるのが「Facebook連携」ですよね。

 

  • Facebookに通知されないかな?
  • 連携することで知り合いにバレないかな?
  • Facebookの情報は何が連携されるの?

 

など、PairsのFacebook連携について気になることも多いでしょう。

 

今回は、『Facebook連携のメリット』や『PairsでFacebook連携をさせる方法』について解説していきます。

 

Facebook連携をするときの注意点や解除方法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

PairsでFacebookと連携させるメリット・デメリット

 

ここから『PairsでFacebookと連携させるメリット・デメリット』について解説していきます。

 

どちらも把握しておけば、安心してFacebookと連携ができるでしょう。

 

連携させるデメリット

 

PairsでFacebookと連携させる主なデメリットは以下の2つです。

 

  • 身バレのリスクが残る
  • Facebookを退会するとPairsにログインできない

 

それぞれについて、今から詳しく見ていきましょう。

 

身バレのリスクは残る

 

PairsでFacebook連携をしていても身バレを完全に防げる訳ではありません。

 

身バレを防止する条件は「お互いがFacebook連携をしていること」だからです。

 

そのため、相手がFacebook連携をしていない場合はプロフィールが表示される可能性があります。

 

そもそも、相手がFacebookをしていない場合や友達ではない場合は意味がありません。

 

もし、知り合いを見つけたら迷わず「ブロック」をしましょう。

 

ブロックをすると自分のプロフィールが相手に表示されないので身バレ防止に繋がります。

 

Facebookを退会するとPairsにログインできない

 

Facebookを使ってログインしている場合は、使ったFacebookアカウントを退会するとPairsにログインできなくなります。

 

Facebookを退会してPairsにログインできなくなっても、Pairsを退会したことにはならないので注意しましょう。

 

Pairsを退会ではなくログアウトした状態になります。

 

そのため、有料サービスの請求は続いているので注意が必要です。

 

Facebookを退会する際は、先にPairsの手続きを忘れずにしておきましょう。

 

連携させるメリット

 

PairsでFacebookと連携させる主なメリットは以下の3つです。

 

  • Facebook上の友達が非表示になる
  • ログインが楽になる
  • プロフィール設定が楽になる

 

それぞれについて、今から詳しく見ていきましょう。

 

Facebook上の友達が非表示になる

 

PairsではFacebook連携をすると、Facebook上で友達になっている異性のプロフィールがお互いに表示されなくなります。

 

そのため、Facebook連携をすると身バレする可能性がグッと低くなるでしょう。

 

Facebook上の友達が多い人ほど連携をしておくと、お互いのプロフィールが表示されなくなり身バレ防止に繋がります。

 

身バレを防止したいという人は、PairsでFacebook連携をしておくとバレる確率が減るのでオススメです。

 

ログインが楽になる

 

Facebookを使えばPairsのログインが楽になります。

 

Pairsを登録する際に「Facebookではじめる」ボタンを押すことで、簡単にログインすることが可能です。

 

PairsではFacebook以外でもログインする方法はありますが、「電話番号・メールアドレス・パスワード」といったSMS認証でのログインが必要です。

 

そのため、入力に手間がかかってしまい気軽にログインしにくくなります。

 

プロフィール設定が楽になる

 

PairsでFacebook連携をすると、Facebookの情報が一部連動されるためプロフィール設定が楽になります。

 

連動されるのは「年齢・性別・居住地」「イニシャル・プロフィールのメイン写真」が反映されるからです。

 

連動された情報は、登録後に変更が可能になっています。

 

そのため、身バレ防止のためにもプロフィール写真や名前などの個人を特定きるような情報は変更しておくと良いでしょう。

 

PairsでFacebookと連携させるべきなのか?

 

PairsでFacebook連携をさせた方が、身バレをする可能性は低いです。

 

しかし、相手がFacebook連携をしていない場合はプロフィールが表示される可能性があります。

 

そのため、知り合いを見かけたら「ブロック」することも必要です。

 

お互いがFacebook連携をしているのがプロフィールを表示させない条件なので、完全には身バレを防止することはできません。

 

PairsでFacebook連携をしてもFacebook側には一切情報が表示されないので、身バレ防止対策として連携をしていた方が安心してPairsを利用できるでしょう。

 

PairsをFacebookと連携させる際の注意点や疑問

 

PairsをFacebook連携させる際に、身バレを防ぎたいけどFacebookアカウントで連携できるのか気になるでしょう。

 

今からは、『Facebook連携をさせる条件』についてご紹介していきます。

 

Facebookの友達数は10人以上必要?

 

PairsでFacebook連携をさせたい場合は、Facebookの友達数が10人以上必要になっています。

 

Pairsないでは友達数は表示されませんが、Facebook登録の際にはFacebookの友達数が10人以上必要とルールがPairsには書かれています。

 

しかし、「現在はFacebookの友達数が10人以上必要というルールがなくなった」と解説されている記事もありますが、これは誤報ですので注意が必要です。

 

ーーー

Facebookアカウントで新規登録する際の注意点

  • 登録で利用されるFacebookアカウントのお友達が10人以上いないと登録できません
  • Facebook上の年齢を18歳未満に設定されている場合は、実年齢が18歳を超えていても登録できません
  • Facenook上の性別、生年月日が自動反映されるため、誤った性別や生年月日が反映される可能性があります。

引用:https://support.pairs.lv/hc/ja/articles/115000880131-Pairs%E3%82%92%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B-%E6%96%B0%E8%A6%8F%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-

ーーー

 

Facebook登録時は生年月日を変えても平気?

 

pairsでFacebook登録をした際に、Facebookに登録されている生年月日がそのまま反映されることがあります。

 

そのため、実年齢が18際以上であってもFacebook上で18歳未満の場合は利用ができません。

 

実際の生年月日と異なる場合は、本人確認手続きを行うことで修正が可能です。

 

しかし、手間がかかってしまうため登録の際にはFacebookで先に確認しておくと良いでしょう。

 

連携させるとFacebook内で通知はある?

 

PairsでFacebook連携をさせても、Facebook内に通知がいくことは一切ありません。

 

Pairsは、Facebook連携をすることでお互いのプロフィールを表示させないことが目的だからです。

 

そのため、身バレ防止対策のために安心してFacebook連携ができるでしょう。

 

【事前確認】Facebookの友達数を10人以上にする方法

 

Facebookの友達が10人以上いない時は、グループに参加して集めるのが1番効率的です。

 

今からは、グループで友達を集める方法を紹介します。

 

具体的なやり方は以下の通りです。

 

1.Facebookの検索で「友達」と入力して検索する

2.「友達リクエスト承認します」のようなグループがいくつか出てくるので、2〜3個適当に選び参加

3.友達リクエストが届くので10人程度承認する

(友達リクエストが届かない場合は自分から友達リクエストを送ってみてください)

 

ただし、販売や宣伝目的の人もグループに参加しているため、人数が集まり次第グループを抜けるのが安心です。

 

PairsをFacebookで登録する方法

 

具体的なやり方は以下の通りです。

 

1.アプリ起動後「Facebookではじめる」ボタンをタップ

2.Facebook認証画面が出てきたらログイン

3.「プロフィール写真・ニックネーム・居住地・生年月日」を入力

(Facebookで登録した場合自動で反映されますが、Pairs内の会員に見られてもいいようなものにしておきましょう)

 

あとは、身長・年収・タバコの有無などを入力すれば無料会員登録が完了します。

 

⇒「ペアーズ facebook やってない」

 

Pairsで後からFacebookと連携させる方法

 

PairsをFacebook以外で登録した場合、後からFacebookを連携させることはできます。

 

具体的なやり方は以下の通りです。

 

1.画面右下の「その他」をタップした後「設定」を選択

2.「Pairsをログアウトする」ボタンをタップ

3.ログアウトした後、もう一度Pairsを起動

4.「Facebookではじめる」ボタンをタップ

5.「ログイン」ボタンをタップ

 

以上の5つでFacebook連携が完了しています。

 

しかし、最初に登録する際に「SMS認証」をしている場合はFacebook連携を後からすることはできないので注意しておきましょう。

 

もし、SMS認証をした人ででFacebook連携をしたい場合はpairsを退会してからもう一度再登録する必要があります。

 

Facebookとの連携を解除する方法

 

具体的なやり方は以下の通りです。

 

1.画面右下にある「≡」ボタンをタップ

2.画面下の「設定」ボタンを選択する

3.画面下の「アプリとウェブサイトボタンをタップ」

4.「Facebookでログイン」ボタンをタップして、一覧から「Pairs」ボタンをタップ

5.画面右上にある「削除」ボタンをタップ

6.確認アラートに「同意・チェック」をして、「削除する」ボタンをタップ

 

Facebookとの連携以外に必要な身バレ対策

 

Facebook連携以外にも身バレする可能性を低くするには欠かせない重要なことがあります。

 

・プロフィール写真に容姿が分かる写真を載せない。

・名前は本名ではなくニックネームで設定をする。

・知り合いを見つけたら迷わず「ブロック」をしておく。

・「足あと設定」をOFFにする。

 *「足あと」は1週間分のみ表示されます。

・「プライベートモード」にしておく。

 *「プライベートモード」は有料のサービスです。

 

⇒「pairs 身バレ」

 

Facebookとの連携は身バレ防止で判断しよう

 

今回は『PairsでFacebook連携をするメリットや方法』について紹介しました。

 

Facebook連携をすると身バレする可能性が低くなり、Pairsを安心して利用できるようになります。

 

ただ、お伝えした通り『PairsでFacebook連携をするデメリットや注意点』もあります。

 

Facebook連携をしていても完全に身バレを防げる訳ではないので、他の身バレ対策も必要です。

 

また、Pairsを登録する際の方法によって後からFacebook連携ができないこともあるのでしっかりと押さえておきましょう。