Pairs(ペアーズ)のみてねとは?本当に効果があるのか【50人に試した結果】

 

Pairsを使っていると「みてね」という機能があることに気付きます。

 

  • これ、いいねと何が違うの?
  • ポイントが必要みたいだけど、効果はあるの?
  • 使うとどんな風に相手に見えるの?

 

などの疑問が上がってきますよね。

 

そこで、実際に50人へみてねを送って効果を検証してみました。

 

検証結果はもちろん、みてねの詳しい解説や使い方、最大限に活用する方法、ポイントの節約方法も一緒にお伝えしていきますね。

 

それでは行きましょう!

 

Pairsのみてねとは?

みてねは、気になる相手とどうしても繋がりたい時の後押しに役立つ機能です。

 

いいねを送っているのに「足あとさえ付いていない…」という場合やメッセージに返信が来ない場合がありますよね。

 

そういった場合に「自分の存在をみてね!」と再度アプローチできます。

 

また、「いいね」と「みてね」の違いや使い分け方も併せて詳しく解説していきます。

みてねには2種類ある

 

「みてね」は、その名の通り、自分が起こしたアクションを見てほしい時に使えます。

 

  1. 送ったいいねを見て欲しい
  2. 送ったメッセージを見て欲しい

 

みてねを送れるのは、この2つに対してです。

 

【①送ったいいねを見て欲しい】

 

基本的に、女性は沢山いいねを貰っている人が多いです。

 

その場合、自分が送ったいいねが埋れてしまっていて見落としている可能性があります。

 

そうすると、ありがとうが返ってこないどころか、足あとさえ付きませんよね。

 

その時に「みてね」を送ると上位表示され、気付いて貰いやすくする機能です。

 

さらに「メッセージ付きみてね」という機能もあります。

 

こちらは200文字までメッセージを添えてみてねを送れるので、より相手に想いを伝えることができる機能です。

 

【②送ったメッセージを見て欲しい】

 

マッチング後にメッセージを送ったのに返事が来ない場合も、メッセージに気付いていない可能性があります。

 

また、暫くやり取りが途切れていて最後のメッセージがこちらで終わっている、又は、暫くぶりのメッセージだから必ず見てもらいたい時などにも使えます。

 

尚、こちらはメッセージに対する「みてね」なので、メッセージをつける事はできません。

 

みてねといいねの大きな違い

 

みてねといいねの機能の違いは、以下の通りです。

 

【いいね】

  • 気になる相手にアプローチ
  • マッチングに必要な作業
  • コミュニティに対するいいね

 

【みてね】

  • マッチングしない相手に再アプローチ
  • 200文字のメッセージをつけて再アプローチ
  • メッセージの返信が来ない相手にアプローチ

 

また、みてねを送る場合はポイントを消費するのも大きな違いです。

 

いいね みてね メッセージ付きいいね メッセージ付きみてね
いいね 1いいね 消費なし 1いいね 消費なし
ポイント 不要 3pt 3pt 6pt

 

但し、公式コミュニティ参加者に送るメッセージ付きいいねは、ポイント不要で送ることが可能です。

 

通常3ptが必要なところ、1いいねの消費だけで送れます。

 

公式コミュニティで共通点のある人の中からメッセージ付きいいねを送ると、お得な上に共通の話題もあるので、ぜひ活用していきましょう。

 

Pairsのみてねを使うと相手にはどう表示されるのか?

 

みてねを送ることで「いいね!を見逃してるかも」や「スキップしたお相手」の一覧の最上部に表示されます。

 

メッセージ付きみてねは200文字のメッセージを相手に届けられます。

 

そのため、マッチングしていなくても自分の言葉で相手に想いを伝えることが可能です。

 

また、メッセージに対するみてねも同じくメッセージ一覧の上部表示です。

 

このように、プロフを見てもらえやすくなったり、忘れていたメッセージに気付いて貰いやすくする表示がされます。

Pairsのみてねは効果ある?【50人に試した結果】

 

みてねにどのくらい効果があるのか、プロフィールを変えるパターン・変えないパターンに分け、各25人ずつ合計50人にみてねを送って検証してみました。

 

みてねの検証なので、以前にいいねを送っているけどマッチングできなかった相手に対しての効果の検証です。

 

結果は、50みてねに対してマッチングしたのは7人。

 

内、貰っているいいね数500以上の超人気の会員が1マッチング。

 

他の6マッチングは、貰っているいいね数が約100いいねの人たちでした。

 

効果は高いとは言えない

 

50人に送って7マッチングなので、正直、効果はそんなに高くありません。

 

みてねは、あくまでも相手が見逃している可能性がある場合に、あなたの存在を気付いて貰うための機能です。

 

既に足あとがついているのにマッチングしていないのであれば、あなたのプロフィールを見た上で興味を持って貰えなかった結果です。

 

なので、みてねを送ったところで効果はあまり期待できません。

 

人気会員ほど効果的?

 

人気会員は沢山のいいねが来るので見落としている可能性があるので、効果的ではあります。

 

実際に「いいねが多くて気付きませんでした」など、検証でマッチングできた1人は500以上いいねを貰っていました。

 

他の6人も約100いいねを貰っている人たちだったので、見落としている可能性は大。

 

但し、みてねで気付いてマッチングした場合は、沢山のいいねをザッと見ている中で目に留まる程の魅力を感じなかった可能性が高いです。

 

そのため、やり取りは続かないことが多く、後に発展するかどうかはまた別の話になります。

 

Pairsのみてねを最大限に活用する裏技

 

せっかくポイントを使ってまで送るので、無駄にする事なく最大限に活用していきたいですよね。

 

みてねを送って只々待っているだけでは勿体ないです。

 

マッチングに繋がる為の活用方法、ポイントの節約方法、送る相手の見極め方など裏技をお伝えします!

 

プロフィール写真を変更する

 

プロフィール写真を変更するだけで別の人だと判断されやすくなり、再度読んで貰える確率が上がります。

 

マッチングアプリは、第一印象の1枚目の写真でいいなと思ってもらえるかどうかが勝負です。

 

写真でプロフを読む・読まないの判断もされますし、プロフを読むにしても関心の度合いが違います。

 

写真が違うだけなのに、全く同じプロフでも相手は食い気味に読んでくれる可能性も。

 

前回いいねを送った時は「ふーん」で流されてしまっていても、起死回生できるかもしれないチャンスです。

 

どうしてもマッチングしたい相手にみてねを送った後は、プロフ写真を変えてみましょう。

 

キャンペーン時に使う

 

不定期ですが、キャンペーンが開催されています。

 

通常1ptが必要なところ1ptで送れるため、ポイントの消費が抑えられます。

 

キャンペーン時に使うと節約になるのは良いですが、自分が使いたい時にキャンペーンをしているとは限らないですよね。

 

そんなに効果が高い機能な訳でもないので、キャンペーンをしている時に活用するくらいの意識で良いでしょう。

 

いいねやメッセージ後から日数を空ける

 

いいねやメッセージを送って当日すぐに送るよりも、日数を空けてからの方が良いと言われています。

 

当日すぐだと忙しくて落ち着いてちゃんと見ていないだけかもしれません。

 

そのような状態で催促するようにみてねが届くと、ちょっとウザイですよね。

 

もしかしたら良いなと思っていてくれていたかもしれないのに、みてねがキッカケで冷められてしまっては逆効果。

 

いいねやメッセージを送ってから数日は空けてから、みてねは送るようにしましょう。

 

相手がオンライン時に送る

 

相手がオンライン、または、24時間以内にみてねを送ると気付きやすく見られやすくなります。

 

特にオンライン中はその確率は上がり、相手もアプリを開いていられる時間の余裕がある場合が多いからです。

 

なので、そのままメッセージのやり取りが始まる可能性は大。

 

オンラインでなくても24時間以内なら、まだ意識の中にPairsの存在が強く残っている状態です。

 

せっかくみてねを送るならしっかりやり取りをしたいので、相手のログイン状況を見て送るタイミングを見計らいましょう。

 

貰っているいいね数が少ない相手に絞る

 

実は、貰っているいいね数が少ない相手の方が反応が良い傾向です。

 

目安としては、100いいね以下の人。

 

沢山いいねを貰っていない人は、いいねからの選択肢が少ないです。

 

みてねを送られると「そんなに私のこと気になってくれてるのかな?」と悪い気がしません。

 

すると、もう一度あなたのプロフを見てくれる可能性が高くなります。

 

人気会員とマッチングだけで終わるより、しっかりやり取りができる人とマッチングしたいですよね。

 

「どうせなら自分により強く想いを寄せてくれている相手にしたい」と考える人もます。

 

そういう人が良い場合は、いいねが100以下の人を目安にみてねを送ってみましょう。

 

Pairsのみてねを使う際の注意点

使い方次第では上手くいくこともあるみてねですが、やはり使う上で気を付ける点があります。

 

まずは、やはり消費するポイントについて気を付けましょう。

 

手当たり次第に送っていると次々と課金するハメになってしまいます。

 

それに、課金までして使うのに使い方を間違えると、むしろ相手に嫌われてしまう可能性も!

 

実際にみてねを使う前に、注意点を確認しておきましょう。

 

気になる相手だけに絞る

 

本当にマッチングしたい気になる相手に絞って送るようにしないと、ポイント消費がすごいことになります。

 

みてねは3pt、メッセージ付きみてねは6ptのポイント消費です。

 

1ptは約100円です。

 

1回みてねを送るのに約300円、メッセージ付きみてねには約600円がかかります。

 

ちょっと良いなと思った相手にバンバン送っていると、ポイント消費がすごいことになり課金も大変なことに。

 

そんな事にならない為に、気になる相手だけに絞ってみてねを送りましょう。

 

何度も同じ相手に送らない

 

みてねは再度アプローチする機能なので、同じ相手に何度も送ると「しつこい、ウザイ」などと感じてしまいます。

 

非表示やブロック、最悪の場合は通報される可能性もあります。

 

決して何度もしつこく同じ相手に送らないようにしましょう。

 

特に、足あとがついている相手に関しては、プロフを見てくれたけどマッチングしなかった相手です。

 

何度みてねを送ろうが、残念ながら向こうの答えは出ているのです。

 

また、メッセージに送るみてねの場合は、前回の返信から3日ほど様子を見た方がベター。

 

単純に忙しくて返信できていない可能性もあります。

 

すると、返信を催促されているようでウザイと思われてしまうことも。

 

しかし、返信が来なくなってから1週間を越えると、実際に会えるところまで繋がるかはかなり厳しくなります。

 

返信が途絶えて3日以上1週間未満で、みてねを送って返信を待ちましょう。

 

⇒「pairs 返信こない」

 

ポイントを計算して使う

 

気になる相手が数名いる場合は、しっかりポイントを計算してから使いましょう。

 

みてねは3pt(約300円)、メッセージ付きみてねは6pt(約600円)消費です。

 

複数名にポンポン送っていたら、すぐに再課金しなければいけなくなります。

 

そもそもみてねの効果はそんなに高くないので、本当に全員がどうしても繋がりたい相手なのかも考え、ポイントを計算してから送るのが懸命です。

 

相手が受け取れるみてねには上限がある

 

送る側は何回でもみてねを送れますが、受け取る側は4つまでという上限があります。

 

「みてねを送りたいけど送れない」という場合は、その相手にみてねを送っている人が既に4人いるということです。

 

みてねは3日しか効果が続かないので、暫く待てば枠が空きます。

 

その相手にみてねを送れない場合は、何日か待って枠が空くのを待ちましょう。

 

早めに見切りを付ける

 

みてねを送ってマッチングに成功したとしても、返信がこない可能性は十分にあります。

 

深追いせずに早めに見切りを付けた方がベター。

 

なぜなら、既に送っているいいねを見落とす程度にしか興味を持って貰えてなかったか、一度はありがとうを返さないという判断をされているからです。

 

たとえマッチングが成功したとしても、余り高い関心を持って貰えていないことの可能性が高いです。

 

こちらとしては嬉しくて意気込んでメッセージを送りますが、温度差の違いからスルーされることもあります。

 

一発目のメッセージ内容が響かなかったか、なんとなくマッチングしただけか…

 

返信が来ない真意は分かりませんが、自分にそこまでの関心を持ってくれてのスタートではない事を念頭に入れましょう。

 

難しそうだなと思ったら早めに見切りをつける事も大切です。

 

人気会員はポイントに余裕がある場合だけにする

 

人気会員でもマッチングできる可能性はありますが、やり取りが続く可能性は低いためポイントに余裕がある場合だけにしましょう。

 

人気会員の人は多くの人とやり取りをしている可能性の方が高いです。

 

他のハイスペな人たちや恋愛マスターたちの中から戦い抜いて行かなければなりません。

 

みてねを送らないとマッチングできなかった時点で、他のマッチングしている人たちよりあなたへの関心は薄い可能性が高いです。

 

マッチングアプリの目的は、実際に会って交際に至ること。

 

最終的な勝率の低い人気会員の人にみてねを送るのは、ポイントに余裕がある場合だけにしましょう。

 

Pairsのみてねで良くある疑問

 

実際に誰かからみてねを送られないと、相手側にどんな風に表示されるのか分からないですよね。

 

Pairs公式サイトでは「ソフトなアピール」と表現されていますが、どのくらいのアピールをしてくれるのか気になるところです。

 

では、どのくらいの期間、どんな風に相手に表示をされるのか確認していきましょう。

 

みてねの効果は何日続く?

 

ずばり、その期間は3日間。

 

意外と短いですよね。

 

特に女性は無料で使えるので、なんとなく登録している人は毎日ログインしない可能性は十分あります。

 

また、真剣に出会いを求めている人でも、忙しくてログインできないこともあります。

 

その間にせっかく送ったみてねの表示期間が終わってしまうかもしれません。

 

3日間しか表示されないので、みてねを送る相手のログイン状況を必ず確認してからにしましょう。

 

みてねを押すと相手に通知が届く?

 

みてねはあくまでも「ソフトなアピール」をする機能なので、相手に通知が届くことはありません。

 

それなりにポイント消費するのだから、通知くらいして貰いたいところですが仕方ありません。

 

そのため、相手がログインをして一覧を開いて気付いてくれるのを祈るしかありません。

 

通知がいく程の積極性のあるアピール機能ではないことも考えた上で、みてねを使うか判断しましょう。

 

Pairsのみてねはあまりオススメできない

 

正直、みてねはなくても困らなさそうな機能です。

 

そもそもプロフを見た上でマッチングしなかったのであれば、みてねでアピールしたところで、マッチングしないのには理由があるので無意味です。

 

それでもマッチングを成功させる為にみてねを使うのであれば、必ず対策が必要になってきます。

 

対策をした使い方次第ではマッチング成功する場合もあります。

 

ですが、最終的な目的は実際に会って交際することであり、マッチング自体がゴールではありません。

 

みてねを使わないとマッチングできなかった相手と実際に会うところまで繋がるかと言えば、微妙なところ。

 

メッセージに対してのみてねは、相手のレンポンスも関係しているので焦ってみてねを使うのは禁物。

 

返事を催促しているように見えてしまう場合もあるので、相手の性格や状況によっては逆効果になりえます。

 

そして、ポイント消費(300円〜600円)をかけてまで使う機能かと言えば、費用対効果は悪いです。

 

もし、みてねを使うのであれば、

 

  • ポイントの課金状況
  • 相手のいいね数やログイン状況
  • 送った後の対策(新しい写真の準備など)
  • メッセージが続くように努力
  • 相手のレスポンス具合の把握

 

などを確認の上で、あまり期待を持ち過ぎずに使いましょう。