【有料級】Pairsは1ヶ月あれば十分!短期間で恋人を作るコツを暴露

 

Pairsで早く恋人がほしいから、1ヶ月で作れるコツがあったら知りたい。

 

  •  Pairsを1ヶ月だけ利用して好みの子に会えるかな。
  •  時間をかけずに恋人を作る方法ってなんだろう。
  •  早く恋人ができるコツを知りたい。

などの思いを抱えている方もいるのではないでしょうか。

 

いつになったら恋人ができるのかわからないままの婚活はつらいですよね。

 

そこで今回は「Pairsで短期集中恋人の作り方」をお伝えします。

 

しかも1ヶ月で作る有料級のコツなので、ぜひ参考にしてください。

 

Pairsなら1ヶ月でも会える?

 

Pairsは国内会員数No.1を誇る人気婚活アプリです。

 

会員数の多さからもわかるとおり、1ヶ月でも十分会えるチャンスがあります。

 

実際に、どのくらいの人と会えるのか見ていきましょう。

 

数名と会える可能性が高い

 

Pairsは1日あたり7000人以上の方が会員登録をしています。

 

これだけ新しい相手が増えれば、数名と会える可能性は高いですよね。

 

もちろん会うためのコツを参考にしていけば、より多くの方と会えるでしょう。

 

本気で恋人が欲しい人たちが集まるPairsだからこそ、1ヶ月という短期間でも会えるのです。

 

実際に多くの方が恋人まで作れている

 

Pairsで恋人を作れた方がどのくらいいるのか、Twitterを見てみましょう。

 

https://twitter.com/suu_myu/status/1369976709479419913?t=CSfYto3Qnr4vsFgqf5tZbA&s=19

 

https://twitter.com/mireibook_1st/status/1308785684023398400?t=Oy00hDLRLZXSY8hKZys98Q&s=19

 

https://twitter.com/MqdIMxx8BSvxqeN/status/1327977763215609856?t=19jlqencVmKTwVW4BAMI5Q&s=19

Twitterから引用

 

期待が持てる声が結構ありますね。

 

Pairsで1ヶ月以内に恋人を作るコツ【LINE交換まで】

 

それではさっそく、1ヶ月以内に恋人を作るコツを詳しくお伝えしていきます。

 

まず始めに、次のような7つのポイントにまとめました。

 

・プロフィール設定は100%を目指す

・いいねは人気会員を避ける

・初回メッセージから徹底する

・メッセージの返信はこまめに行う

・会う流れは7通目から?

・デートの約束は流れが大事

・相手の反応が良ければLINE交換を行う

 

プロフィール作成から、LINE交換をするまでの流れを詳しく解説していきます。

 

コツ①プロフィール設定は100%を目指す

 

プロフィールは、写真から自己紹介まで基本的に全て設定しましょう。

 

以下は内容にこだわって書いたプロフィールのメリットです。

 

・あなたの人柄が伝わりやすくなる

・真剣に恋人を作りたい気持ちがアピールできる

・共通点を見つけてもらい、親しみを感じさせる

 

まだ会っていない相手にとって、あなたがどんな人なのかを知ってもらう大切な判断材料となります。

 

好印象を与えるためにしっかり作っていきましょう。

 

コツ②いいねは人気会員を避ける

 

人気会員はマッチングする可能性も低いため、「500+」を越えるような方は避けた方が良いでしょう。

 

早く恋人を作るためには、マッチング率を上げることが大切です。

 

人気があるということは、当然マッチングする相手も増えるので、あなたが埋もれてしまう可能性があります。

 

そこでおすすめなのが、新規会員の方への「いいね」です。

 

いいねをもらっている数が少ない分、ライバルも少ないので狙い目ですよ。

 

コツ③初回メッセージから徹底する

 

せっかくマッチングしても、初回メッセージの内容次第で返信が来なくなるケースがあります。

 

まずはマッチングしたら、すぐにメッセージを送りましょう。

 

ポイントは以下の3つです。

 

・マッチングのお礼と挨拶から始める

・職業なども混じえた軽い自己紹介

・最後に相手が答えやすい質問を1つ加えてみる

 

このように「タイミングよく」「礼儀正しい印象」「返信が来やすいメッセージを送る」ことでやり取りが続きやすくなりますよ。

 

⇒「pairs最初のメッセージ」

 

コツ④メッセージの返信はマメに行う

 

返信をマメに行うのは「お互いの信頼関係を築く」ためです。

 

やり取りをかさねて信頼してもらえれば、会う流れにつなげやすくなります。

 

マメにメッセージの返信をしなければ、相手のレスポンスも遅くなる可能性があるため、やり取りそのものが少なくなってしまいますよね。

 

あなたが相手に対して好意を伝える手段は、何も「言葉」だけではありません。

 

こうした「努力」も存在感を出していくポイントになりますよ。

 

コツ⑤会う流れは7通目から?

 

初めはお互いを知ることに専念し「7通目」辺りから会う流れを切り出すと良いでしょう。

 

もちろんタイミングは人それぞれですが、ポイントは「お互いのことを少しだけ知れた」頃です。

 

相手のことが全てわかってしまったら、それで満足してしまい会いたい気持ちが薄れてしまう可能性があるのです。

 

逆にあまりわかっていない時に会おうとすると、警戒されて会えなくなってしまいます。

 

遅すぎず早すぎない「7通目」を目安に、やり取りを楽しんでみてください。

 

コツ⑥デートの約束は流れが大事

 

そろそろ会おうと決めたら、それとなく相手の都合の良さそうな時を探っていきます。

 

例えば次のような感じで聞いてみましょう。

 

・休みが不定期の場合⇒「休みは何曜日が多いですか?」

・休みが土日の場合⇒「今月だと都合の良い休みはありますか?」

 

このように「デートの誘いかな?」と期待をもたせるのもいいですね。

 

参考までに、追加で添えると効果的なメッセージをご紹介します。

 

・「休みが合いそうでしたら、ぜひ一緒に○○に行きましょう」

・「初めは不安だと思うので、軽くカフェとかでも大丈夫ですよ」

 

とにかく気負わずに会えるという安心感も与えられれば、良い返事がもらいやすくなります。

 

コツ⑦相手の反応が良ければLINE交換を提案する

 

相手の反応が良ければ、LINE交換できる可能性はかなり高くなります。

 

特に「デートの前日」を狙ってみてください。

 

例えば「待ち合わせがうまくいくか不安なので、LINE交換しませんか?」のような感じです。

 

「○○なので」と理由付けをすると、相手も応じやすくなります。

 

突然「LINE交換しませんか?」と聞くより効果的です。

 

Pairsで1ヶ月以内に恋人を作るコツ【デート~告白まで】

 

ここからは、実際にデートをしてから告白するまでのポイントを5つにまとめました。

 

  • LINEでもやり取りは丁寧に返す
  • デートの日にちを決めたら予習をする
  • デート当日は身なりを整える
  • デート後はすぐにお礼メールを送る
  • 2回目のデートが成立すれば告白も近い

 

相手の印象をダイレクトに感じられる大切なデートです。

 

しっかり把握していきましょう。

 

コツ⑧LINEでもやり取りは丁寧に返す

 

LINEでやり取りできるようになっても、今までと同じように丁寧に返信しましょう。

 

LINE交換できたことで気を抜くと、返信が来なくなる可能性も十分あります。

 

メッセージのやり取りは、Pairsアプリで行っていた時と落差があると印象が良くありません。

 

忙しくて返信できなかった時は「残業で返信できなくてごめんなさい」など、一言加えると安心できますね。

 

ポイントは「誠実」「丁寧」「思いやり」です。

 

コツ⑨デートの日にちを決めたら予習をする

デートの日にちが決まったら、相手について予習をします。

 

今までのやり取りやプロフィールなどを読み返し、当日の会話に困らないようおさらいしましょう。

 

自分の趣味や嗜好を熟知されているとうれしいものです。

 

それにより自然と会話もはずんで、心を開きやすくなります。

 

相手と会話するイメージをしながら予習すると、自信を持ってデートできますね。

 

コツ⑩デート当日は身なりを整える

 

清潔感はもちろん、オシャレな服装など身なりを整えることはデートの絶対条件です。

 

オシャレと言っても、高いブランドや個性的な格好をするということではありません。

 

シンプルで自分に合ったアイテムを揃えてみましょう。

 

余裕がある方は、今までのやり取りやプロフィールから得られた情報をもとに、相手の雰囲気に合わせた服装ができるとよりステキです。

 

2人が一緒にいる姿に統一感があって、まるで恋人のように見えますよ。

 

相手を楽しませることも忘れないようにしましょう。

 

コツ⑪デート後はすぐにお礼メールを送る

デートを楽しんだあとは、すぐにお礼のメールを送りましょう。

 

「今日はとても楽しかったです。ありがとうございました」などシンプルに楽しい時間を過ごせたお礼で十分です。

 

さらに好印象を与えるメッセージをプラスして送るのもよいですね。

 

・「また会えたらうれしいです」

・「帰りは気をつけてくださいね」

 

このように、次につながる内容と相手への気遣いがあればバッチリです。

 

余韻にひたったり、肩の力を抜いたりとホッとしたいところですが、あなたの印象をグッと引き上げる大切なひとおしをお忘れなく。

 

コツ⑫2回目のデートが成立すれば告白も近い

 

2回目のデートの約束ができたら、いよいよ告白の準備を整えていきましょう。

 

なぜなら2回目のデートに繋がらない方もかなり多いため、このハードルをクリアできれば告白が成功する可能性が高まります。

 

以下は、デート中の相手の反応を見るポイントです。

 

•以前よりも近い距離感を嫌がらない

•共感してくれることが増えた

•自分に興味を持ってくれる

 

などの行為が見られたら手応えありの可能性が高いでしょう。

 

いよいよ告白のチャンス到来です。

 

短期間で恋人を作る際の注意点

 

せっかく恋人ができてもすぐ別れてしまっては悲しいですよね。

 

そうならないために、短期間で恋人を作る際の注意点3つをまとめました。

 

  • 顔写真を加工しすぎない
  • プロフィールを偽らない
  • 早く会おうと焦りすぎない

 

以下解説していきます。

 

顔写真を加工し過ぎない

 

Pairsに限らず婚活アプリでは、写真のイメージと違うことでがっかりされるケースが多いです。

 

顔写真を別人のように加工した場合、実際会った相手はどう思うでしょうか。

 

早く恋人がほしいあまり自分をよりよく見せたい気持ちはわかりますが、正直に自分をアピールしていくことが大切です。

 

やりすぎると信頼関係も築けなくなります。

 

プロフィールを偽らない

 

プロフィールは偽らず正直に設定しましょう。

 

恋人ができてもプロフィールと異なると信頼を失い、別れるきっかけに繋がりやすいです。

 

もしアピールポイントが弱いと感じても、ひと工夫すれば大丈夫。

 

例えば口ベタな場合「聞き上手」と書くことで好感度も上がります。

 

とにかく遅かれ早かれ嘘はバレます。絶対やめましょう。

 

早く会おうと焦りすぎない

 

早く会おうと急かすことは、相手を警戒させる原因にもなるので注意しましょう。

 

誰しも相手がどんな人なのかわからない状態で、いきなり「会おう」と切り出されたら不安になります。

 

短期間で恋人を作りたいがために、焦って信頼を失ってはいけません。

 

早く会いたい気持ちは恋人になってから爆発させてください。

 

⇒「pairs 返信早い」

 

Pairsの1ヶ月プランは安い?

 

いざPairsを利用するとなった時、1ヶ月でどのくらい料金がかかるのか知りたいですよね。

 

また他の婚活アプリや婚活パーティーと比べて、安いのかどうかも気になるところです。

 

そこで以下に料金比較をまとめました。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

他の婚活アプリと比較

 

以下はPairsとwith、omiai、タップル1ヶ月分の料金比較です。

 

Pairs with omiai タップル
3,590円

(税込)

3,600円

(税込)

3,980円

※1(税込)

3,700円

※2(税込)

※1クレジットカード決済の場合のみ。他AppleID、GooglePlay決済の場合は4,800円(税込)と決済方法により料金が異なる。

※2webブラウザ版のみ。ios/android版は4,000円(税込)と決済方法により料金が異なる。

 

こうして比較してみるとPairsが1番お得であることがわかりますね。

 

安心してParis1ヶ月間プランを利用できます。

 

ク⇒「pairs 料金」

婚活パーティーよりお得

 

婚活パーティーでは1回で平均5,000円〜となっており、Pairsの1ヶ月プランより高くつくことが多いです。

 

このことからPairsは婚活パーティーよりお得であるといえます。

 

Pairsはお財布にもやさしい婚活アプリですね。 

 

まずは1ヶ月プランからチャレンジすると良い

 

今回はPairsを利用して、1ヶ月で恋人が作れるコツをお伝えしました。

 

1ヶ月というとかなり短期間に感じますが、実際には多くの方が恋人を作りPairsを卒業されています。

 

デートの約束も意外と早めで大丈夫ですし、まずは1ヶ月プランからのチャレンジで十分ですね。

 

ステキな恋人との出会いがありますように。