Pairsでの脈あり脈なしの見極め方!【100人以上とデートして判明】

 

Pairsで出会えた相手が脈ありなのか脈なしなのかが知りたい。

 

  • やり取りは順調なんだけど、どう思われているのかな。
  • 興味を持ってくれているようだけど、ほんとうのところが気になる
  • デートはできたけど先はあるかな

 

など、Pairsでイイ感じになった相手の本音が気になる方も多いはず。

 

脈ありの相手の方がうまくいく可能性は高いですから、見るべきポイントを知っておきたいですよね。

 

そこで今回は、Pairsでの脈あり脈なしの見極め方について解説していきます。

 

実際に100人以上とデートをした経験からお伝えしていきますので、参考になること間違いなしです!

 

Pairs内で脈ありの可能性が高いケース

 

気になる相手が脈ありなのかどうかは、メッセージのやり取りの中から読み取れます。

 

どなたでもわかりやすい「脈ありの可能性が高いケース」を次の8つにまとめてみました。

 

  • 長文で返してくれる
  • 質問が多い
  • 休みについて聞かれる
  • 絵文字や顔文字が多い
  • レスポンスが早い
  • 通話やビデオデート時のリアクションが良い
  • 連絡先の交換を同意してくれる
  • 好きな料理を聞かれる

 

さっそく見ていきましょう!

 

長文で返してくれる

 

長文で返してくれる相手は、少なからずあなたとのやり取りを楽しんでいます。

 

そして、あなたへの興味もあってつい長文になってしまうのでしょう。

 

興味のない相手と、わざわざ時間がかかるやり取りはしません。

 

長文で返してくれる場合は脈ありの可能性が高いといえます。

 

質問が多い

 

質問が多い場合も、会話を続けたい気持ちと取れるので脈ありといえます。

 

やり取りを望まなければ、質問はしません。

 

あなたへの興味もあって、いろいろ知りたいことがあるのでしょう。

 

たくさんの質問は、やり取りが続くのでよろこぶべきことですね。

 

休みについて聞かれる

 

休みの過ごし方について聞かれた時も脈ありの可能性大です。

 

気になる相手の日常に、興味を持つのは自然なこと。

 

「いきなりデートに誘うと断られるかもしれない」と思っている人は、とりあえず休みについて聞いてくることもあるでしょう。

 

デートのことを考えて質問されているかもしれません。

 

絵文字や顔文字が多い

 

性格にもよりますが、やり取りに絵文字や顔文字が多いのも特徴です。

 

メッセージにひと手間加えると、感情がわかりやすくなって楽しめますね。

 

気になる相手には、自分の気持ちをより鮮明に伝えたいものです。

 

これは脈ありと見てよいでしょう。

 

レスポンスが早い

 

気になる相手とのやり取りは、自然とレスポンスが早くなります。

 

もちろん早さだけで判断はできませんが、あなたを優先的に考えてくれていることは確かです。

 

メッセージ内容も仕事などを除いた、プライベートなやり取りであれば期待大。

 

さらにあなたのペースに合わせたレスポンスの早さであれば、脈ありの可能性が高いでしょう。

 

通話やビデオデート時のリアクションが良い

 

通話やビデオデートができるときは、相手のリアクションに注目してみましょう。

 

声のトーンが明るめで、笑い声がよく聞こえてくる様子が見れたら脈ありです。

 

また会話が途切れても、通話をやめようとしないのも同様です。

 

リアクションが良いと会話も弾んでつい長くなってしまいますね。

 

連絡先の交換に同意してくれる

 

LINEなどの連絡先交換に同意してくれる相手は、好意的であること間違いなしです。

 

個人情報であるLINE交換は、誰に対しても受け入れられるものではありません。

 

それを同意するのは「信頼された」と受けとってよいでしょう。

 

デートにつながる大きなステップをクリアしましたね。

 

好きな料理を聞かれる

 

好きな料理を聞かれたら、相手がデートの約束をしたいと考えているかもしれません。

 

好みのおいしい料理をいただきながら、楽しい時間を過ごすことで会話も広がり、親密さが増すのです。

 

興味がある人の情報はできるだけ知っておきたいもの。

 

相手と好きな料理が同じなら、お店選びも楽しくなりますね。

 

Pairs内で脈なしの可能性が高いケース

 

次は残念ながら「脈なし」の可能性が高い5つのケースです。

 

  • 返信がない
  • 返信は一言が多い
  • 質問がない
  • 空いている日を聞いたら誤魔化される
  • 通話やビデオデート後の返信がない

 

脈なしの相手にアプローチしても、進展がないので次なる相手に変更した方がいいですよね。

 

以下の解説を参考に「脈なし」をいち早く察知してください。

 

返信がない

 

相手がアプリにログインしているにも関わらず、返信が来ない場合は脈なしの可能性大です。

 

マッチングして「いいね」した状態でも返信が来ないなら致命的。

 

あなたに興味を持っていないか、優先すべき相手が他にいるのか……

 

いずれにせよ今後発展する見込みがありません。

 

返信は一言が多い

 

返信が一言もしくは、1行が多い場合も脈なしの可能性が高いです。

 

返信の内容や書き方は人それぞれですが、やはりそっけない印象を受けますよね。

 

それに一言だけの返信では、やり取りが続きません。

 

残念ですが、早めに見切りをつけた方が良いでしょう。

 

質問がない

 

質問がない場合も脈なしの可能性が高いです。

 

返信が一言の時と同じように、やり取りが続きません。

 

知りたいことがない、会話を続ける気がないとも受け取れます。

 

興味がある相手の情報は、少しでも知りたいと思うもの。

 

ムリに続けようとせず、他の出会いに希望を持った方が良さそうです。

 

空いてる日を聞いたら誤魔化される

 

「そろそろデートを……」と考え、空いてる日の確認をしたら誤魔化されてしまった、という場合も脈なしの線が強いです。

 

ただし、相手が警戒している可能性も考えられます。

 

やり取りが続くようであれば、状況が変わることもあるでしょう。

 

この場合は少し様子を見て判断する必要があります。

 

通話やビデオデート後の返信がない

 

通話やビデオデートをした後、返信がなければ脈なしと判断できそうです。

 

メッセージだけのやり取りと違い、通話は楽しくないと感じられたかもしれません。

 

また写真のイメージと違っていたため、会ってみたいと思われなかった可能性もあります。

 

次につながるやり取りがない場合は、残念ながら今後の期待が持てません。

 

Pairs内で脈がある相手にしてはいけない注意点

 

続いて脈ありな相手にしてはいけない4つの注意点です。

 

  • LINE交換は焦らない
  • 会いたいと急かさない
  • 写メをしつこく要求する
  • デートの約束をしない

 

せっかくいい感じになっているのに、先の可能性が絶たれるような展開になっては残念すぎますよね。

 

さっそく詳しくみていきましょう。

 

LINE交換は焦らない

 

先に進みたい気持ちはわかりますが、焦ってLINE交換を迫ってはいけません。

 

個人情報を含むLINE交換はタイミングが命。

 

よく知らない相手に突然言われたら警戒を強めるだけですよね。

 

信頼されることでLINE交換しやすくなりますから、焦りは禁物です。

 

LINE交換がしやすいタイミングがあるため、急にLINE交換を迫らないことが大切

 

⇒「pairs ライン交換」

 

会いたいと急かさない

 

誰でもよく知らない相手から突然「会おう」と言われたら動揺します。

 

ましてやマッチングアプリで知り合った者同士。

 

信用できる人なのか不安を抱えている人もいるはずです。

 

会いたい気持ちが高ぶるのはわかりますが、とにかく会う約束を決めようとするのは逆効果でしょう。

 

写メをしつこく要求する

 

相手の容姿が気になるのはわかりますが、写メをしつこく要求してはいけません。

 

プロフィールに写真掲載があればなおさらです。

 

自分に自信がある場合は別ですが、顔に自信がない、身バレを警戒している場合は嫌われる可能性が高まります。

 

またしつこい要求は、見た目を重要視しているような印象も与えかねませんのでやめましょう。

 

デートの約束をしない

 

デートの約束をなかなか切り出せずにいると、そのまま会えずに終わるケースも珍しくありません。

 

相手も会う気がないと判断し、他の方とのやり取りを始めてしまう可能性があるのです。

 

またキープされていると感じる相手も少なからずいます。

 

脈ありな相手には勇気を出して誘ってみましょう。

 

【デート中】脈あり脈なしの判断基準

 

ここからは、「デート中の脈あり脈なし」を見極めていきます。

 

具体的には以下が4つのポイントです。

 

  • 容姿を褒められる
  • デートを楽しんでいるか?
  • 手を繋ぎたがるか?
  • 距離が近いか?

 

ついに脈ありと思っていた相手と初めて対面するのですから、いろいろな発見もあるはず。

 

しっかりみていきましょう。

 

容姿を褒められる

 

実際に会ってみると、写真とイメージが違うと感じるケースも多いです。

 

そのうえで容姿を褒められるのは、脈ありとみて良いでしょう。

 

褒められてうれしくない人はいませんよね。

 

容姿だけでなく、身につけているものへの興味もポイントが高いです。

 

デートを楽しんでいるか?

 

デートを楽しんでいるか、様子を見ていきましょう。

 

例えば会話している時に目を見てくれる、相づちや笑顔があり、声のトーンも明るいなどの反応があれば上々です。

 

さらにスマホばかり気にしている様子がなければ、あなたとの時間を楽しんでいるという判断もできます。

 

リアクションは嘘をつきません。

 

手を繋ぎたがるか?

 

相手から手を繋ごうとしてきた場合は脈ありの可能性が高いです。

 

好意があるからこそ、相手に触れたいと思っています。

 

相手の体に触れる行為は、誰に対してもできることではありませんよね。

 

あなたがもし相手に対して好意があればぜひ応えてあげてください。

 

距離が近いか?

 

相手との距離が近いか遠いかで脈ありか判断していきます。

 

距離感は、個人差があるものの相手との関係に応じて自然と変わってくるものです。

 

どのくらいまでの距離が大丈夫か、それとなく近づいてみてください。

 

体の一部が触れるくらいの距離でいける場合は、今後の2人に期待が高まります。

 

【デート後】脈あり脈なしの判断基準

 

ズバリ!「デート後もやり取りが続くか」が唯一の判断基準となります。

 

「今日は楽しかった。ありがとう」「気をつけて帰ってね」「また会おうね」などのやり取りがあれば脈ありです。

 

自然と次のデートにつながっていくでしょう。

 

もし、初デート後に返信がなければ2回目のデートはかなり難しくなります。

 

Pairsで脈ありになるための対策

 

Pairsで脈ありになるためには、対策を立てることが大切です。

 

詳しく解説しますので、しっかり準備していきましょう。

 

事前にできる対策を徹底する

 

まずは最初の段階で良いスタートを切るために、徹底すべき3つのポイントがあります。

 

  • プロフィール設定
  • レスポンス
  • メッセージは質問で返す

 

この事前準備ができていると、相手の反応も変わってきますので意識して行いましょう。

 

【プロフィール設定】

プロフィールは1番最初にあなたを判断する重要なものです。

記載項目は可能な限りすべて埋めていきましょう。

写真もプロフィールの他、普段の様子がわかるような全身が写っているサブ写真も載せるとより効果的です。

 

【レスポンス】

「いいね」や「メッセージ」にはこまめにレスポンスしていきましょう。

あなたも興味があるということを伝える第一歩。

もたもたしていると、他の人に取れられてしまいますよ。

 

【メッセージは質問で返す】

やり取りができるようになったら、続けることを意識してください。

続けるコツは、メッセージの終わりに質問を残すことです。

相手の趣味など探りながら、次のステップに繋がるやり取りをしていきましょう。

 

 

⇒「pairs 1ヶ月」

 

みてねを活用する対策もある

 

課金の必要が出てきますが「みてね」を活用する方法もあります。

 

すでに「いいね」を送った相手に見過ごされてしまった場合の対策です。

 

ただしあくまでも気づいてもらえる可能性がある、ということなのでここから発展するかどうかは確実ではありません。

 

どうしても諦めきれない相手に対して、最後の切り札と考えてください。

 

⇒「pairs みてねとは」

 

脈ありになるには対策とタイミングがポイント

 

今回はPairsでの脈あり脈なしの見極め方について、解説しました。

 

「脈あり脈なし」サインをできるだけ早く察知して、次につなげていくことが大切です。

 

そしてPairsで恋人を作るには、脈ありになるための対策とLINE交換やデートの約束をするタイミングがポイントとなります。

 

他の会員と差をつけることも意識して、プロフィール設定やレスポンス、やり取りの仕方を工夫しましょう。

 

これからは脈あり脈なしに気づけるので、迷うことなく気に入った相手にアピールしていってくださいね。